記載の料金は特に記載がある場合を除き、すべて税抜です。

文字サイズ

記載の料金は特に記載がある場合を除き、すべて税抜です。

過去のお知らせを見る お知らせ一覧 - @T COM(アットティーコム)からのお知らせ

障害・メンテナンス情報

現在、または本日、報告されている障害はございません。

障害・メンテナンス情報

【ウィルス】Blasterにご注意ください

2003年8月15日
株式会社トーカイ・ブロードバンド・コミュニケーションズ

平成15年8月11日より『W32.Blaster.Worm』と呼ばれるワーム型コンピュータウィルスが、世界中で流行しております。

このウィルスは、インターネット経由で不特定ユーザのパソコンへと侵入を試み、侵入を受けたパソコンは、「Windowsが再起動を繰り返す」という症状に陥り、感染後は次々とその被害を拡大させていきます。

特に、ADSL、Bフレッツなどの常時接続サービスをご利用のお客様は注意が必要です。

お客様コンピュータをウィルス感染から守るため、また感染するコンピュータを増やさないためにも、下記について注意・確認いただけますようお願い申し上げます。

▼『W32.Blaster.Worm』について(シマンテック社ページ)

▼「W32.Blaster.Worm」の感染可能なシステム

Windows NT
Windows 2000
Windows XP
Windows Server 2003

  • Linux, Macintosh, OS/2, UNIX, Windows 95, Windows 98, Windows Meの場合は、感染の危険はありません。

▼「W32.Blaster.Worm」の予防について

ウイルスチェックソフトを導入しているようでしたら、最新のパターンファイルにアップデートし、ウイルスチェックを実行してください。

また、インターネットに接続できる環境にて、「Windows Update」を実行してください。

▼「Windows Update」の実行について

  1. Windows XPの場合は、[スタート]ボタン→[すべてのプログラム]→[Windows Update]とクリックして選択してください。

    その他のOSの場合には、[スタート]ボタンをクリックし、[ Windows Update]をクリックして選択してください。

  2. 2.「Windows Update」の画面が表示されましたら、その後は画面指示に従い、「重要な更新」にあげられている全ての修正項目をアップデートしてください。

    「Windows Update」につきましては、Microsoft社へお問い合わせください。

▼「W32.Blaster.Worm」の駆除ツールについて(シマンテック社ページ)

▼一部TCPポートの制限について

弊社では、今回の「W32.Blaster.Worm」の被害拡大を防ぐ為、緊急措置として、2003年08月12日(火)20時30分に、ウィルスが使用するTCPの一部のポート(TCPの135番ポート)を制限させていただきました。

当該ポートを利用した一部のサービスに影響が出る場合が考えられますが、ウィルスの蔓延を防ぐ為の措置ですので、何卒ご理解くださいますようよろしくお願いいたします。

▼一部TCPポートの制限について(追加)

上記で制限したTCP135番ポートに加えて、2003年8月18日(月)16時20分に、UDP135番ポート、TCP/UDP139番ポート及び445番ポートを制限させていただきました

当該ポートを利用した一部のサービスに影響が出る場合が考えられますが、ウィルスによる被害を最小限にとどめるための措置ですので、何卒ご理解、ご了承していただけますようお願い申し上げます。キャンペーン本文

また、下記のプロトコルに対し、パケットフィルタリングを行わせていただきました。

  • ICMP(Internet Control Message Protocol)
  • この制限により、ネットワーク診断プログラムping等の一部のサービスがご利用いただけません

ウィルスチェックができるサイトもございますので、一度チェックすることをお勧めいたします。

トレンドマイクロ社オンラインスキャン

シマンテック社オンラインスキャン